株式会社 未来科学応用研究所は、ICTを使ってお客様といっしょに未来を創っていく会社です。

仮想サーバサービス

サービス概要

仮想サーバサービスでは、VMware vSphereによる仮想化されたサーバをご提供します。これだけでは、通常のIaaSと大差はありませんが、本サービスは開発環境に特化した機能も合わせたご提供します。Linux、Windows Serverといった各種テンプレートだけではなく、データベースやミドルウェアなども簡単にデプロイでできる環境をご提供いたします。また、開発環境に欠かせない、GitHubやRedmineなどのグループウェアなどもご利用できます。

三つのメリット

マネージャのメリット

マネージャはプロジェクトの管理を行いますが、仮想サーバの管理までは行いません。しかし、予算の執行において、サーバの発注処理などを行う必要があります。また、仮想サーバをすでに導入していたとしても、メンバーが仮想化になじみがないためにおこるトラブル対応や管理を行う必要が出てきます。このサービスを利用することで、少なくともスキル不足によるサーバのトラブルなどは解消できます。発注しょりなども必要ありませんので、より多くの時間をメンバーとともに過ごすことが可能です。

管理者のメリット

プロジェクトで必要とされるサーバ群をそろえるのは簡単な作業ではありません。また、ハードウェアを用意できたとして、OS、ミドルウェア、ネットワーク、ストレージと管理者は数多くの作業をこなしていく必要があります。このサービスを導入することにより、管理者はテンプレートなどの基本設定のみを行うようになり、プロジェクトの品質向上やデプロイの自動化など本来取り組むべき作業により多くの時間をさけるようになります。

プログラマーのメリット

プログラマーはインフラの専門家ではありません。しかし、LinuxやWindowsなど一連のオペレーションを習得する必要があります。さらに今日では、仮想環境なども一般的になってきたので、技術習得は必要ですが、本来であればプログラミングに特化した技術を学ぶべきです。このサービスを利用することにより、インフラ管理からは解放され、プログラミングに集中することができます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6808-9506 受付時間:9:30〜18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社未来科学応用研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.