サーバ仮想化とは

  • 従来は1台のハードウェア上では、1つのOSしか動作することができませんでした。
  • 仮想化すると1台のハードウェア上で、複数のOSを動作させることができます。
  • 1台のハードウェアで、複数のOSを動作させる技術を仮想化技術と呼びます。
  • OS対しては仮想化ソフトウェアが提供する仮想的なハードウェア、つまり、仮想マシンが提供されます。

サーバ仮想化-001

仮想化のメリット

  • リソースの有効活用 — サーバを構成するリソース(CPU、メモリ、ネットワーク、ハードディスク)を効率的に利用することができます。
  • システムの柔軟性向上 — OSは仮想マシン上で動作するので、物理的なハードウェアの制約には縛られません。
  • システムの可用性向上 — 仮想化ソフトウェアの機能によるが、障害発生時の可用性が向上する機能が提供されています。

仮想化の実装方法

ホスト型

  • 既存のOS(Windows、Linux、Mac OS X)上に仮想マシンを提供するタイプの仮想ソフトウェアです。
  • OSのデバイスドライバを利用できるのがメリットです。

ハイパーバイザー型

  • ハードウェア上で直接実行される仮想ソフトウェアです。
  • ネットワークインターフェイスなどは専用のデバイスドライバ(ソフトウェア)がないと利用できません。
  • ホスト型に比べてOS層を介さないため、仮想マシンをより高速に実行できます。

システム全体の仮想化

ストレージの仮想化

  • RAIDとはRedundant Array of Inexpensive Diskの略で複数のHDDを組み合わせてストレージを構成します。1台のHDDのみではそのHDDが壊れたらデータは消失しますが、複数のHDDを組み合わせて構成することにより耐障害性するだけでなく、パフォーマンスも向上します。
  • シン・プロビジョニングとは、LUN(Logical Unit Number)の大きさを仮想的にOSに見せる機能です。LUNのサイズが10TBだとしても実際に使われるディスクが1TBであれば、ストレージ上の使用量も1TBとなります。

ネットワークの仮想化

  • VLAN機能により仮想的にネットワークを分割することができます。複数のポートをまとめてパフォーマンスを向上させることも可能です。